『AIOLIN 』アイオリンというバンド

音楽

AIOLIN 』と書いて”アイオリン”という名を持つバンドをご存知でしょうか。2018年から注目されている日本のバンドです。

海外で活動する芸能人を追うブログですが、AIOLINは、国内で活動しているバンドです。将来、いつか人気が出る、海外でも通用すると思われるということで、調べてみました。

バンドメンバー

  • ヒカリト(ボーカル、ピアノ、バイオリン、ギター)
  • 悠(ギター)
  • レイス(ベース)
  • Seiya(ドラム)

ボーカルのヒカリトさんとベースのレイスさんが共に静岡県の同じ学校の出身でバンドを組んだそうです。

ヒカリトとは

楽曲はすべての作詞作曲をヒカリトさんがされています。

ヒカリトさんは東京芸術科大学器楽科の出身とのことで、楽器の演奏技術は、ハンパなく凄いです。

ヒカリトさんはバイオリンを弾きます。イザイソナタという難易度が高い曲を弾いている動画があります。

ヒカリトさんの凄いところはギタープレイですね。AIOLINの『From Here』という曲です。熟練のギタリスト以上に、ギターを弾きこなしている感が伝わってきます。ハンパないです。こんな演奏をテレビでしたら、ギターファンが沢山出来るんじゃないでしょうか。もっとガツガツに弾きこなしている所をみたいです。

AIOLINの曲

ヒカリトさんが全楽曲の作詞作曲していることもあり、ほとんどの曲にバイオリンが入っています。曲はメロディアスですが、激しさを絡ませている所が素敵ですね。また、バイオリンやギターに注目されがちですが、ベースがすごくいい音を出しているのが、AIOLINの曲の魅力だと思います。

おススメ動画

Stardust Crystal』という曲。ピアノとバイオリンで始まり、途中のヒカリトさんのギターソロは見ものです。

まとめ

歌詞も英語が多い方です。海外での活動を考えているような気がします。また海外でも人気が出そうな気がします。海外で、このようなバンドはないでしょう。

また、AIOLINの楽曲はピアノとバイオリンが入っており、X JAPANと共通点があります(YOSHIKIさんがピアノ、SUGIZOさんがバイオリン)。そういった意味で、将来、YOSHIKIさんとヒカリトさんが、いつかクラシック音楽について対談する機会があるかもしれませんね。

多数のMVがYoutubeに上がっているので、気になる方は視聴してみるのはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました