世界に通用するアーティスト – 宇多田ヒカル

音楽

ポピュラー音楽において、まだ、日本人アーティストがトップに登りつめた人はいない。

日本人アーティストで、誰が一番世界に近いのかというと、やはり「宇多田ヒカル」ではないだろうか。

なぜ彼女の音楽が広まらないのかが不思議なくらい。

日本人が苦手とする英語の問題も、バイリンガルの彼女にとっては問題ではない。

では、やはり音楽が物足りないのであろうか。宇多田ヒカルの神曲「First Love」。これを超える英語の曲はまだないように思える。全世界で人気のゲームソフト「Kingdom Hearts」シリーズに「Simple and Clean」、「Sanctuary」「Don’t think twice」、「Face My fear」の曲を提供しているが、ゲームファン内では有名だが、その領域外には広まっていない。

たくさんの良曲はあるが、「First Love」を超える英語の曲を制作できないと、海外には大きなインパクトは与えられないのかもしれない。もしくは、大人気映画の主題歌を提供することによる相乗効果で知名度を上げるか。一度名前が売れるような曲だけが必要、それだけ。この最初の大ホームラン級の曲が必要なだけのように思える。

アメリカのランキングで上位になるだけがすべてではないが、これほどの素晴らしい曲を創る人が、ランキング上位に入らないのは単純に無名だからである。

日本向けのアルバム「Fantome」、「初恋」が2作リリースされているので、次回は海外向けのアルバムではないかと期待している。

宇多田ヒカル – First Love

コメント

タイトルとURLをコピーしました